カードローン関連の疑問集
すぐ貸してくれる業者
ローン以外の滞納
特殊な用途
信販系カードローン
オリックスカード
新洋信販
セゾン
銀行系カードローン
プロミス
モビット
ノーローン
カードローン関連の疑問集
特殊な用途
カードローンに申し込む場合、お仕事の種類や勤続年数、固定電話の有無など、それぞれの金融機関独自の審査基準でしっかり返済能力のある人間かどうかチェックされます。他の金融機関との取引の有無など、申込み時に誤魔化そうとしても金融業者共通の信用機関で事実確認されてしまいますから、正直に申告するしかありません。
利用者がカードローンの申込み時に気になるポイントとしては、借入理由に何とかけば良いのか、と言う問題ではないでしょうか。審査で引っかからない為にも利用者側としては印象の良いような理由を書き込みたいところですが、マイカーローンや教育ローンなど目的がはっきりしているものは専門のローンがあり、そちらを勧められてしまう筈です。
ちなみに医療費として100万円以上の融資を希望すると、高額療養費の貸付制度など国の救済制度を勧められる可能性大ですし、実際本当に数十万円から100万円以上の医療費が必要なら、金融機関よりも市役所の保険センターなどに相談するべきです。ちなみに医療費を必要とするのが本人の場合、働き手としての能力が疑われるのでそっちの意味で審査に引っかかるかも知れません。
カードローンを頼る理由はほとんどの方が交際費やファッション費用など取るに足らない理由だそうですが、「飲み代や洋服代の為にお金を借りるなんて、金銭感覚の乏しい人間だとマイナスポイントになるのでは??」と不安に感じるかも知れません。
けれどカードローン利用者の大半は「金融機関に借入する程必要に迫られているとは思えない内訳」でお金を借りていくそうです。気になるようなら旅行代金や冠婚葬祭費用、引越し費用や家電類の購入費用などの名目で申し込むのが無難でしょう。
気をつけたいのはギャンブル資金、そして既に借りているお金の返済目的と言う借入理由です。また生活費も基本的にNGで、実際の理由が何にしても審査を無事に通過したいなら無難な名目にしておくべきです。

Copyright (C)カードローンの審査や借り方、選び方疑問集 All Rights Reserved