カードローン関連の疑問集
すぐ貸してくれる業者
ローン以外の滞納
特殊な用途
信販系カードローン
オリックスカード
新洋信販
セゾン
銀行系カードローン
プロミス
モビット
ノーローン
カードローン関連の疑問集
ローン以外の滞納
カードローン審査の基準は公にはされていませんし、個々の金融業者によって細かい判断条件は異なります。ただし一般的には複数業者から借り入れている状態だったり、勤め先の勤続年数が短い場合、職場の在籍確認やご自宅の在宅確認が取れない場合断られる可能性大です。もちろん過去に返済トラブルを引き起こしていたり、1ヶ月以内に3社以上の金融機関に申し込んでしまった申込みブラックリストに情報が掲載されている方も、ほぼ確実に審査でははねられてしまいます。
ではそれ以上に審査でひっかかる条件とは何か、ご自身の状況に自信がない方は非常に気になるところですよね。ズバリ、もし金融機関のキャッシングサービスを利用するのが初めてだったとしても、諸々の費用を滞納しているとマイナスポイントになる可能性があります。
具体的には携帯電話やスマートフォンなどの通信料、インターネットのプロバイダ料金、電気代や水道代、ガス代などの公共料金を滞納したことがある方は要注意です。うっかりたった1回だけ引き落としができなくて…なんて状況ならまだ救いはありますが、未納の常習犯だったり、金融業者に借入を申し込んでいる時点でまだ未納状態だと返済能力の低さを自分で証明しているようなものです。
「お金はあるけど払うのが面倒で」なんて理由でも同じです。金融機関でお金を借りた場合、毎月決まったお金をしかるべき方法で返済しなければなりません。「返しに行くのが面倒」なんて理由が認められるわけありません。

Copyright (C)カードローンの審査や借り方、選び方疑問集 All Rights Reserved